敏感肌には正しいクレンジングを

subpage1

女性の肌は、ホルモンバランスや生活習慣などによって、少しの刺激にも反応してしまう敏感肌になってしまいます。
敏感肌は、肌のバリア機能やターンオーバーが崩れており、非常に繊細です。

いつものスキンケアでもヒリヒリやピリピリが出てしまう時は、正しいクレンジング方法で、少しでも肌への刺激を和らげてあげましょう。
クレンジング剤は、オイルフリーやアルコールフリーなど、無駄な添加物の無い無添加の物を選ぶと良いでしょう。
また、肌を擦らなくてもスルリとメイクや汚れが落ちるようなクレンジング剤を使用すれば、肌に負担が掛からなく、優しい洗い上がりとなります。クレンジング剤を使用する時は、まず、商品に書かれた説明をしっかりと読みましょう。
初めて使用するものは勿論のこと、以前使用していたものも、商品に記載された分量や、使用法をしっかりと守りましょう。
目分量や、間違ったクレンジング剤の使用方法で利用してしまうと、肌に汚れが残ったままになってしまったり、逆にダメージを与えてしまうことになります。
.記載された使用方法を守りながら、優しく肌のメイク汚れを落としましょう。



洗顔も丁寧に行い、すすぎはたっぷりのお水で十分に流しましょう。



洗い上がりは清潔なタオルで、包み込むように顔を覆い、決してこすらずに水分だけを取るイメージで行ってください。敏感肌には、極力刺激を与えないことが大切です。
オーガニックコスメを使用したり、ストレスをため込まない生活を心がけるなど、生活の乱れも整えていきましょう。

敏感肌の化粧品ランキングの口コミ情報を参考にしよう。